糖尿病になると食事の後に急激に小腸から血管内に糖が吸収される状態が危険で、体に色々な害が出るようになります。このため糖毒性などとも表現され、治療のときには吸収が緩やかになるアカルボースなどを服用することになります。
アカルボースなどの薬を服用すると副作用が気になってしまう方も割りと多いので、糖尿病は悪化してしまう前に早期に治療を開始するべきですし、予防策を日ごろから取り入れておくべきです。体に異変がないか調べるためには健康診断でチェックを受け、薬を服用するようになってからも尿検査や血液検査を受けるようにしましょう。チェックを受けると食後だけでなく、空腹時でも常に血糖値が高い人もいます。普段から高い人はその分他の人よりも用心が求められるので、普段の食事にも気を使うと良いです。
一般的なスーパーなどに売られているお茶の中には、特定保健用食品のマークがついて売られているものがあり、その中には糖の吸収を穏やかにしてくれるタイプがあります。種類は豊富で、グァバ葉ポリフェノールや難消化性デキストリンなどが入っていたりします。お茶だと会社などの出先で飲んでいても違和感がありませんし、いつでも飲むことができて便利です。食後の血糖値を抑える働きがアカルボースと作用が被るため、お茶と薬を併用しても問題ないかは医師に確認してください。体質によって影響の受け方に違いがありますし、血液検査などでチェックしたデータから、お茶を飲まないようにした方が良い人もいるからです。ある程度効果が期待できる成分が含まれている製品に特定保健用食品のマークが付けられていますが、すべての人に有効的という訳ではないため、検査によって数値に改善傾向がみられるか確かめて行くことは大切です。